休憩時間は労働基準法第34条で決められています

休憩時間は労働基準法第34条で決められています

休憩時間は労働基準法第34条で決められていて、6時間を超えての労働をした場合は45分休憩、8時間を超えての労働をした場合は1時間休憩をすることが義務付けられています。

仮に6時間を超える労働をしたにもかかわらず、実際は休憩していなかった、などという場合は、会社が労働基準法違反の対象となり、是正勧告を受けることになってしまいます。

その場合、会社は該従業員に注意しなければいけません。再三の注意にもかかわらず是正されない場合は懲罰の対象となります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA