Angular で複数コンポーネントを連携する

求人
Angular で複数コンポーネントを連携する

Angular でコンポーネントとコンポーネントを連携する方法です。

abcとdefというコンポーネントを作成して実際に連携させてみます。

コンポーネント間の連携ではclassを定義しておくことが重要になってきます。

detail.ts(クラス)

このクラスを使用します。

abc.compnent.ts

以下の画面でボタンを押すと、onDetailClickメソッドが実行されます。

Angular で複数コンポーネントを連携する

クリックすると、defコンポーネントのsrc属性にdetailが設定されます。

def.component.ts

ng serveで起動すると、以下のようにクラスを介してコンポーネント間の連携が可能になります。動作は以下のようになります。

Angular で複数コンポーネントを連携する

詳細は「AngularとTypeScriptでSPAを作成する」を参照ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA