AWS Lambdaのコールドスタートを解決するProvisioned Concurrency機能

AWS Lambdaのコールドスタートを解決するProvisioned Concurrency機能

Lambdaは初回起動時にLambda実行環境の初期化処理が伴う為、起動に時間がかかります。

そのため、cloudwatch eventsからLambdaを定期実行するという工夫をしてました。

VPC Lambdaの「VPC LambdaからVPC上のリソースにアクセスすると初回実行時が遅いのはENIを作成するからです」この件も解決されるようです。

Provisioned Concurrencyは、Lambdaの画面で設定できます。

AWS Lambdaのコールドスタートを解決するProvisioned Concurrency機能

タイプは以下2つのいずれかにします。

  • エイリアス
  • バージョン

画像では10としていますが、Lambda実行環境を10個プールしているようなイメージです。その為、10まではLambdaのコールドスタートが解決され11以上はコールドスタートとなります。

もっと多くすることも可能です。試しにAPI GatewayからLambdaを実行すると、1回目だけ遅いものの(SSLが関係する??)2回目以降は格段に速くなります。200ms程度でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA