AWS LambdaをCLIで再デプロイする方法

AWS LambdaをCLIで再デプロイする方法

LambdaをCLIで作成するにはaws lambda update-function-codeを使います。

update-function-code

必須パラメータは以下の通りです。aws lambda update-function-code helpで詳細が確認できます。

必須パラメータ 意味
--function-name 関数名

再デプロイするので--function-nameで指定する関数名は既に存在する関数名である必要があります。(Function not found~とエラーがでます)

--zip-fileでzipファイルを指定するかS3にアップロードした圧縮ファイルを指定しないとエラーとなります。

aws lambda update-function-code \
–function-name MyFunc \
–zip-file fileb://xxx.zip

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA