AWS RDSのプライベートIPを指定したサブネットに属するIP設定する

AWS RDSのプライベートIPを指定したサブネットに属するIP設定する

VPCのサブネットグループが以下のような構成になっているとします。

サブネット アベイラビリティゾーン
192.168.1.0 ap-northeast-1a
192.168.2.0 ap-northeast-1b
192.168.3.0 ap-northeast-1c

アベイラビリティゾーンで判断される

RDSのプライベートIPは192.168.1.x、192.168.2.x、192.168.3.xのいずれかになりますが、どのサブネットに属するかを指定したい場合、そのサブネットのアベイラビリティゾーンを指定すればサブネットに属するIPアドレスが付与されます。

192.168.3.xのプライベートIPにしたい場合はアベイラビリティゾーンをap-northeast-1cに指定すれば付与されます。xの部分は自動割り当てです。

RDS作成後にアベイラビリティゾーンを変更すれば、ネット部のIPアドレス(192.168.3)の変更は可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA