AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

前提

EC2(Windows)が用意されていること。

S3バケットを一つ作成していること。

Storage Gateway作成

Storage Gatewayを作成します。

AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

ここでEC2インスタンス作成する必要があります。※1 このタイミングでEC2インスタンスを作成しておく必要があります。

AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

EC2インスタンスのパブリックIPを指定します。

AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

ゲートウェイ名を入力します。任意の文字列でよいです。

AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

これでStorage Gatewayの作成完了です。

SMB設定

今回はEC2がWindowsなのでSMBの設定を行います。

ゲートウェイを選択して「アクション」ー「SMB設定の編集」をクリックします。

AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

6文字以上のゲストパスワードを入力して「保存」、「閉じる」を押して完了です。このパスワードはnet useコマンド実行時に使います。

AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

EC2インスタンス作成 ※1

インスタンスタイプがm4.xlarge以上のインスタンスタイプが推奨です。

AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

パブリックIP割り当てます。

AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

ルート以外のEBSが一つ必要です。

AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

httpのポート80,smbのポート445を解放します。

AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

これで完了です。

ファイル共有

ファイル共有の設定を行います。

AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

「Amazon S3 バケット名/プレフィックス名」欄にマウントしたいS3バケット名を入力します。

今回はEC2がWindowsなので、サーバーメッセージブロック (SMB)を選択します。

ゲートウェイは先ほど作成したものを選択します。

AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

「認証方法の選択」がデフォルトはADになっているので「ゲストアクセス」にします。

AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

「ファイル共有の作成」を押して作成完了です。

以下、「ファイル共有の詳細」です。ここにnet useコマンドの記載があります。

AWS Storage Gatewayを使用してEC2(Windows)にS3マウントする

EC2(Windows)で操作

あらかじめ用意しているEC2(Windows)にリモートデスクトップで接続します。

ファイル共有の詳細に記載があったnet useコマンドをコマンドプロンプトから実行します。

ここではDドライブにマウントしています。これでDドライブがS3バケットにマウントされるようになります。

さらにC:\logsなどをマウントしたい場合はシンボリックリンクでlogsを作成すればC:\logsがS3バケットにマウントされるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA