Githubにリポジトリを作成

Github にリポジトリを作成して、pushするところまでを書いていきます。

前提

この記事を記載した時点での情報となりますので、レイアウトが変わったりしている場合は、読み替えてください。

リポジトリの作成

Github にSign inした上で、右上の + を押下すると表示される New repository を押下します。

New repository link

所有者/リポジトリ名/説明(オプション)を入力します。

Create repository

リポジトリを公開リポジトリとするか、日公開リポジトリとするかを選択します。

Public or private

その他は任意に入力し、Create repository を押下したらリポジトリが作成されます。
作成したリポジトリのリスト表示は、ユーザアイコン - your repositorys から確認できます。

リポジトリをクローンして操作

リポジトリを開いてURLをコピーします。

Clone or download ボタンを押下すると、Copy buttonが表示されていると思うので、それを押下すればOKです。

次に、Git bashなどで、任意のディレクトリを開いて、以下のコマンドを実行します。
すると、Githubに作成されているリポジトリがlocalにコピーされます。

リポジトリに変更を加える

次にREADME.mdファイルを作成 or 更新してリポジトリに反映させてみます。

コミットしたいファイルをステージングに追加します。

git cloneでローカルにコピーされたリポジトリに対して、git add でステージングに追加されているコミット対象をコミットします。この時点では、ローカルにコピーされたリポジトリにのみ反映されます。

ローカルのリポジトリにコミットされた内容を、リモートリポジトリ(Github)にアップします。

既存のgitリポジトリをpushする

以下の様にコマンドを実行することで、既存のリポジトリをpushします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA