kintoneアプリでインライン編集の保存時に別のカラムを上書きする – app.record.index.edit.submit

kintoneアプリでインライン編集の保存時に別のカラムを上書きする – app.record.index.edit.submit

インライン編集のイベント発生時のイベントを拾ってみます。

赤枠で囲んだ部分を押したときの編集の時のイベントになります。

kintoneアプリでインライン編集の保存時に別のカラムを上書きする - app.record.index.edit.submit

app.record.index.edit.submit.success

app.record.index.edit.submit.successイベントは保存成功後に実行されるイベントの為、別のカラムに対して上書きしても反映されません。

保存前のイベントであるapp.record.index.edit.submitイベントを使用して別のカラムを上書きします。

a.js

kintone.events.on('app.record.index.edit.submit', (event) => {
    event.record['company'].value = 'test' // companyフィールドの値を上書き
    return event;
})

a.jsファイルをkintoneアプリにアップロードします。歯車アイコンをクリックして「設定」タブを押します。

kintoneアプリで編集時にJSを実行する - app.record.index.edit.change.

「JavaScript / CSSでカスタマイズ」をクリックします。アップロードしたら左上の「保存」をクリックします。

kintoneアプリで編集時にJSを実行する - app.record.index.edit.change.

右上に出てくる「アプリを更新」をクリックしてアプリに反映されます。

kintoneアプリで編集時にJSを実行する - app.record.index.edit.change.

実行

インライン編集して保存すると、別のカラムが上書きされることを確認します。

kintoneアプリでインライン編集の保存時に別のカラムを上書きする - app.record.index.edit.submit

レコード一覧イベント

Security check

コメント

タイトルとURLをコピーしました