localstackの使い方

http://confrage.jp

localstackの使い方

こんにちは東です。
今回はローカル開発環境でAWSサービスの環境を作成できる「localstack」の紹介をしたいと思います。

localstackとは、dockerコンテナ上でAWSのサービスを再現し、LambdaやS3、DynamoDB等をローカル開発環境にて利用することができるようになります。

※以下の内容は、Docker For Windowsが導入されていることを前提としています

localstackの取得~実行

以下のコマンドを実行することで、localstackのコンテナが作成されます。

動作確認

localstackに用意されているS3に対してバケットを作成してみます。
endpointを指定することで、localstackに対する操作が行えます。

バケットの作成
. コマンド

・実行結果

バケット一覧の取得

・コマンド

・実行結果

上記の一覧取得で「test-bucket」が表示されていれば作成完了です。

導入~動作確認を簡単に書いてみましたが、他にも使えるサービスは多く存在します。
利用できるサービスと対応するポートは下記の通りです。

  • API Gateway: 4567
  • Kinesis: 4568
  • DynamoDB: 4569
  • DynamoDB Streams: 4570
  • Elasticsearch: 4571
  • S3: 4572
  • Firehose: 4573
  • Lambda: 4574
  • SNS: 4575
  • SQS: 4576
  • Redshift: 4577
  • ES: 4578
  • SES: 4579
  • Route53: 4580
  • CloudFormation: 4581
  • CloudWatch: 4582
  • SSM: 4583
  • SecretsManager: 4584
  • StepFunctions: 4585
  • CloudWatch Logs: 4586
  • CloudWatch Events: 4587
  • STS: 4592
  • IAM: 4593
  • EC2: 4597

AWS環境が使えない状況や、実際の環境で試す前の確認などで使うと便利かと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA