Node-REDでinjectノードを使う

Node-REDでinjectノードを使う

injectノード

injectノードは、ノード上のボタンをクリックするとフローにメッセージを流すことができます。

Node-REDでinjectノードを使う

実行ボタン

injectノードとデバッグノードを配置し、ノード間を線でつなぎます。

Node-REDでinjectノードを使う

injectノードは配置するとタイムスタンプになるので、今回は文字列に変更してmsg.payloadに「test」と入力します。

Node-REDでinjectノードを使う

debugノードは、今回はmsg.payloadをデバッグウィンドウに表示するだけです。

Node-REDでinjectノードを使う

各ノードの右上に水色の〇がありますが、これは反映されていないので、「デプロイ」すれば消えます。消えていなければデプロイされていないという事になります。

Node-REDでinjectノードを使う

実行

injectノードの左側〇ボタンをクリックすると実行されます。

Node-REDでinjectノードを使う

これで実行完了です。

msg自体はオブジェクト

indectノードからmsg.payloadやmsg.topicを渡しますが、msg自体はオブジェクトです。

debugノードで「msgオブジェクト全体」をデバッグにします。

Node-REDでinjectノードを使う Node-REDでinjectノードを使う

これで実行すればmsgオブジェクトがデバッグウィンドウに表示されます。

Node-REDでinjectノードを使う

繰り返し実行

injectノードは繰り返し実行やcron実行のような実行をすることが可能です。

ここでは5秒ごとに繰り返し実行してみます。

Node-REDでinjectノードを使う

これで「デプロイ」したら5秒ごとにメッセージが流れ、デバッグウィンドウに表示されます。

Node-REDでinjectノードを使う

参考サイト

https://nodered.jp/docs/user-guide/nodes#inject

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA