STS(Eclipse)でSpotBugsプラグイン+fb-contribプラグインの設定方法

STS(Eclipse)でSpotBugsプラグイン+fb-contribプラグインの設定方法
バージョン 項目
STS 3.9.11.RELEASE
SpotBugs 4.0.1

FindBugsが開発がいつの間にか止まっていたようで、SpotBugsはFindBugsの後継のようです。

STSのマーケットプレイスからSpotBugsをインストールします。バージョンによってエラーが発生します。ここでは上記指定のバージョンで動作確認しています。

STS(Eclipse)でSpotBugsプラグイン+fb-contribプラグインの設定方法

バンドル com.github.spotbugs.plugin.eclipse (10) を自動的に有効化している間にエラーが発生しました

マーケットプレイスからSpotBugsをインストールすると、最新のSpotBugsがインストールされるので、以下サイトからプラグインを展開してSTSに上書き保存するのが良いと思います。

https://github.com/spotbugs/spotbugs/releases/tag/4.0.1

fb-contribプラグインをインストールする

fb-contribとは、Javaバイトコードの静的コード解析を行うFindBugs/SpotBugsのプラグインです。

fb-contribはfb-contrib-7.4.7.jarをhttp://fb-contrib.sourceforge.net/よりダウンロードします。

STS(Eclipse)でSpotBugsプラグイン+fb-contribプラグインの設定方法

ダウンロードしたjarをpluginsディレクトリに配置します。(どこでもいいかも)

「ウィンドウ」-「設定」でfb-contribはfb-contrib-7.4.7.jarを追加すれば完了です。

STS(Eclipse)でSpotBugsプラグイン+fb-contribプラグインの設定方法

SpotBugsを自動的に実行する

プロジェクトを右クリックして、「SpotBugs」を選択して「SpotBugsを自動的に実行する」にチェックを入れます。

これで、バグエクスプローラーにバグ情報がリアルタイムで表示されるようになります。

参考サイト

https://ksby.hatenablog.com/entry/2020/01/04/124345

https://qiita.com/opengl-8080/items/0a192b62ee87d8ac7578

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA