STS+Gradleで作成したSpring Bootの実行可能jarを作成する方法

STS+Gradleで作成したSpring Bootの実行可能jarを作成する方法

Spring BootをGradleで作成する方法」で作成したSpring BootをSTSから実行可能jarにします。

プロジェクトを右クリックし、「実行」-「実行の構成」を選択します。

STS+Gradleで作成したSpring Bootの実行可能jarを作成する方法

Gradleプロジェクトを右クリックし、「新規構成」を選択します。

STS+Gradleで作成したSpring Bootの実行可能jarを作成する方法

Gradleタスクに「build」と入力し、作業ディレクトリはプロジェクト名(ここではsts2)を入力します。最後に実行を押します。

STS+Gradleで作成したSpring Bootの実行可能jarを作成する方法

Gradle実行ビューでビルドを確認することができます。

実行可能jarは、プロジェクト名\build\libs\配下に作成されます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA