VBAで書式設定する方法や表示した値を取得する方法

VBAで書式設定する方法や表示した値を取得する方法です。

書式設定はNumberFormatとNumberFormatLocalの2種類で設定できます。

例えば日付形式を設定したい例です。

上記のようにすると、エクセル上は2017-01-24 00:00:00と言うように表示されます。

この表示された値を取得したい場合は以下のようにTextを使用します。

書式設定を標準にしたい場合は、NumberFormatとNumberFormatLocalで違いがあります。

NumberFormatの場合は”General”を指定します。

NumberFormatLocalの場合は”G/標準”を指定します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA