キャリアアップ助成金・正社員化コース

キャリアアップ助成金・正社員化コースとは

有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者など、非正規雇用労働者を正社員化、処遇改善の取組を実施した事業主に対して助成する制度です。

助成額について

転換前と転換後の雇用形態により助成額が変わります。

  • 有期 → 正規 57万円
  • 有期 → 無期 28万5千円
  • 無期 → 正規 28万5千円

受給要件

転換前に少なくとも非正規社員としての雇用期間が6ヵ月必要で、転換後さらに6ヵ月の賃金を支給し始めて申請を行うことができます。

また、転換した際に転換前6か月と転換後6か月の賃金を比較して5%以上増額していることが必須条件になります。増額の算定に含まれるのは基本給・賞与であり、実費補填または毎月の状況により変動すると見込まれるものについては算定から除外されます。

例えば

○就業場所までの交通費を補填する目的の「通勤手当」
○家賃等を補填する目的の「住宅手当」(ただし、労働者の住居に関係なく一
律に定額を支給している場合などは除く)
○労働者の出勤奨励を目的として、事業主が決めた出勤成績を満たしている
場合に支給される「精皆勤手当」
○寒冷地に居住していることから、その暖房費を補填する目的の「燃料手当」
○業務に必要な工具等を購入する目的の「工具手当」
○法定外か否かを問わず、業務の繁閑等により支給されない場合がある「休
日手当」及び「時間外労働手当(固定残業を含む)」
○本人の営業成績等に応じて支払われる「歩合給」

受給までの流れ

  1. キャリアアップ計画の作成・提出
  2. 就業規則に基づく正社員等への転換
  3. 転換後6ゕ月の賃金の支払い
  4. 支給申請
  5. 審査(約6か月)ののち受給
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA