Angular のngClass ディレクティブの使い方

Angular のngClass ディレクティブの使い方

Angular ではstyle.~やclass.~というクラスバインディングやスタイルバインディングがありますが、ngClass を使うことで同様のことが可能になります。

着脱(スタイルの適用オンオフ)が可能になります。

クラスバインディングやスタイルバインディングについては「Angularのデータバインディングという仕組み」を参照ください。

ngClass ディレクティブは、複数のクラス属性のオンオフを切り替えたい場合はngClass ディレクティブを使用すべきです。

というように記述します。

app.component.ts

Angular のngClass ディレクティブの使い方

詳細は「AngularとTypeScriptでSPAを作成する」を参照ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA